「おつきさんどうしたの」

おつきさんどうしたの1

かわいい表紙だなぁと、手に取ったらバーバラ・クーニーの絵でした❤

「おつきさんどうしたの」
E.M.プレストン 文
B.クーニー 絵
岸田衿子 訳

好奇心を抑えられず、親の言いつけを守らない子。
ちびさんの「木を見て森を見ず」的勘違いが面白いのですが、やはり夜道には、危険が潜んでおり、ちびさん危機一髪!
帰宅したら、案の定、かあさんに叱られましたね。

命に関わるような危険を冒したときは叱られて当然ですね。
祖母が、よく言っておりました。

「叱るときは、真剣に」と・・

おしりをたたくかあさんの顔がとても真剣な表情をしています。
きっと、泣きたいくらい心配して、
泣きたいくらい安心したのでしょう。


おつきさんどうしたの」
E.M.プレストン 文
B.クーニー 絵
岸田衿子 訳

Amazon

おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA