「コーギビルのいちばん楽しい日」

もう年だから・・・
と、いろんな挑戦に尻込みしてしまいそうなとき、ターシャ・テューダーに思いを馳せる。
ターシャが87歳のときに描いたという素晴らしい絵本を思い出す。

「コーギビルのいちばん楽しい日」
ターシャ・テューダー 絵・文
食野雅子 訳

1920年代の子ども時代。
家族と過ごしたクリスマスシーズン。
ターシャが経験した大切な思い出がたくさん詰まった素敵な絵本。

コーギー犬のケイレブ・ブラウン家を始め、コーギビルの仲間たちが、いきいきと、当時を再現してくれる。
古き良き時代のアメリカの暮らしに釘付けになる。

天井から吊るすリース、
リースに灯すろうそく、
ダンディーケーキ、
アドベントカレンダー、
教会のバザー・・・
ストーファー家三姉妹が得意とするハーブ療法も気になる。

新しいことにチャレンジしつつも、伝統や習慣を大切に守り続ける暮らし。
心豊かな暮らしに癒やされる。


「コーギビルのいちばん楽しい日」
ターシャ・テューダー 絵・文
食野雅子 訳

Amazon

コーギビルのいちばん楽しい日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA