「いばらひめ」

いばらひめ1

「眠れる森の美女」
というタイトルの方がポピュラーですね☘

「いばらひめ」
グリム童話より
エロール・ル・カイン え
やがわ すみこ やく

1つの絵が1つの頁を占めており、まるで芸術作品のように絵画を楽しむことが出来ます。
対向頁にある文章の周りを飾る絵にも、細部に渡り、こだわりが感じられます。
原作は、グリムのもので、完璧な訳と評されています。

このお話もまた、多くの画家が絵を描いておりますが、どの絵本を読んでも
国中のつむというつむを焼き捨てている場面は
やはり、印象に残ります。

可愛いわが子を不幸な目にあわせてなるものかという
親の強い思いが痛いほど伝わってくるからです。

ご存知の方も多いと思いますが、実はこのお話には続きがあります。
目覚めた後のお姫様には信じられないような試練が待ち構えており・・・

「いばらひめ」
グリム童話より
エロール・ル・カイン え
やがわ すみこ やく

Amazon

いばらひめ―グリム童話より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA