「フィボナッチ」 自然の中にかくれた数を見つけた人

先日、友人と話していた時、フィボナッチ数列の話題となりました。
そう言えば、「フィボナッチ」の絵本あったなと思い出しました。

「フィボナッチ」
自然の中にかくれた数を見つけた人

ジョセフ・ダグニーズ 文
ジョン・オブライエン 絵
渋谷弘子 訳
さ・え・ら書房

偉大な学者は、幼少時には、能力を認められず、不遇な方が多いような気がします。

でも、好きな事を貫き通すことがいかに大切なことであるかを実感。

教育的効果を狙う絵本選びはあまりお勧めしませんが、タイミング良く出会うことにより、結果として、数字に興味を持ったり、自然科学が大好きになったりすることは、本当に素晴らしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA