「ちょうちょのくに」

若くして世を去ったオルファースの最後の作品です。

「ちょうちょのくに」
ジビュレ・フォン・オルファース 作
秦 理絵子 訳

まるで「ちょうちょのくに」へ行ってきたかのような豊かな想像力、表現力に驚きを隠せません。

ちょうちょのはねは、
はるのおひさまの
おくりもの

素敵なファンタジーの世界ですね。

天使が羽をもらうときには、鈴の音が鳴るという話をふと、思い出しました。

はっぱのジュースをのむあかちゃんイモムシさんや光の使いに羽をねだるサナギの子どもたち・・・

現実世界とは打って変わって、芋虫もサナギもとっても可愛いく描かれています。

虫たちを見る目が変わりそうです。

「ちょうちょのくに」
ジビュレ・フォン・オルファース 作
秦 理絵子 訳

Amazon

ちょうちょのくに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA